..

電気通信システムと管理

原稿を提出する arrow_forward arrow_forward ..

特別号のガイドライン

特集号ガイドライン(エンジニアリング)

 
ヒラリスSRLは、ヒラリスが発行する工学ジャーナルの範囲内にある特別号の作成に関する提案を歓迎します。特別号は、設計、構築、製造、およびエンジニアリングのあらゆる分野に関連するその他の技術分野における最近の進歩を調査することを目的としている必要があります。私たちは、工学のあらゆる分野に技術応用の範囲を広げることができる、特定の研究分野を代表するオリジナルの未発表の作品を求めています。
提案書の準備
特別号は毎月発行され、それに応じて提案が受け付けられます。すべての提案には次の情報を含める必要があります。
  • 提案されている特集号のタイトル
  • 目的と現在の関連性
  • 取り上げるトピックのリスト
  • 潜在的な貢献者のリスト
  • ゲスト編集者と査読者
  • ゲスト編集者および査読者の住所、電話番号、電子メール、およびファックス
  • 提出および審査プロセスの暫定期限 (提出、審査、および最終受理までのタイムライン)
 åŽŸç¨¿ã¯https://www.scholarscentral.org/submissions/telecommunications-system-management.htmlに送信 ã™ã‚‹ã‹ã€é›»å­ãƒ¡ãƒ¼ãƒ«ã®æ·»ä»˜ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã¨ã—て編集部 (   manuals@hilarispublisher.com)に送信してください。
EBメンバーの役割
  • 関連分野の現在の研究との関連性について、特集号の提案を検討します。
  • 適切な提案とそのゲスト編集者を、その経歴とともに推薦します。
特別号の作成に関する提案が EB メンバーによって受け入れられると、対応するゲスト編集者が特別号の記事の処理と処理を担当します。
ゲストエディターの役割
  • 提案された特集号のテーマの重要性を述べ、特集号の記事がジャーナルの範囲の拡大にどのように貢献するかを説明します。
  • 著者候補を提案し、提案された特集号に関連する記事を寄稿するよう招待します。
  • 特集号に提出された原稿には、最低 3 ~ 5 人の査読者を提案してください。
  • 原稿の準備と査読に関する著者のガイドラインに関して、潜在的な著者および査読者とのすべてのコミュニケーションを実行します。
  • 特別号の記事をリリースするためのタイムラインとスケジュールを準備します。これには、原稿の準備、レビュープロセス、最終提出までのタイムラインが含まれる必要があります。
  • すべての責任著者の連絡先情報とともに、寄稿記事の最終編集版の提出を監督します。
  • ゲスト編集者または寄稿者によって書かれた、関心のあるトピックに関する短い社説を含めます。
提出プロセス
  • 特別号の記事には、オリジナルの未発表の研究記事と、特定のテーマに関連したレビュー記事の両方が含まれる場合があります。
  • 原稿は、[ゲスト編集者が選出した]査読委員会の承認を得た後にのみ、特別号への掲載を受け付けられます。
  • 特別号のすべての記事は、ジャーナルのスタイルとフォーマットに厳密に従う必要があります。
  • 各特集号は 10 ~ 15 件の記事で作成できます。
  • 受理されたすべての原稿は、 https://www.scholarscentral.org/submissions/telecommunications-system-management.htmlからオンラインで提出できます。 æå‡ºã«ã¯ã€é–¢é€£ã™ã‚‹ç‰¹é›†å·ã®ãƒ†ãƒ¼ãƒžã«é–¢ã™ã‚‹ã‚«ãƒãƒ¼ãƒ¬ã‚¿ãƒ¼ã‚’添付する必要があります。
  • 締め切り前に提出された受理された原稿は、それぞれのジャーナル出版物の指定された期間内に出版されます。
受理され出版されると、すべての特別号は Hilaris Publishing Group を通じてオープン アクセス システムで公開され、自由に読んだり、ダウンロードしたり、印刷したりできるようになります。
特別号のガイドラインと投稿プロセスの詳細については、   manuals@hilarispublisher.comまでお問い合わせください。

インデックス付き

arrow_upward arrow_upward